スタンド花の値段が激安で評判の花屋

スタンド花は開店祝いや改装祝い、冠婚葬祭など、様々なシーンで大きな花が飾られている事があるかと思います。
大きな花がたくさん並んでいると、色とりどりなので造花であると思っている人も多いのですが、スタンド花の場合はその殆どが生花になります。

ライブへのスタンド花

スタンド花が店の前にあると、それだけで開店をしたことや改装をしたことが一目でわかりますし、おめでたい席だけではなく、葬儀の場合や、コンクールや発表会など、様々なシーンで活用することができます。

花束やフラワーアレンジメントとしてプレゼントするよりもはるかに豪華で見栄えがするため、受け取った方に喜ばれることが多いギフトとされています。

ですが、スタンド花は場所によって不向きであったり、そのお店のイメージと合っていないような場合もあります。
シーンによっては邪魔になってしまうような場合もありますので花を贈る際には事前に確認するなど少々注意をしなければいけません。

花を贈られると喜ぶ人が多い一方で、大きさやデザインによっては逆に迷惑となってしまう事もありますから注意しましょう。

スタンド花注文時のポイント

スタンド花が出来るまでには通常のフラワーギフトよりも多くの時間が必要になります。
フラワーショップに注文をし、金額やある程度のデザインなどを伝える事で、花材の仕入れから花の組合せなどを店員が手作りでスタンドタイプのベースに生け込み、届け先での設置までを行ってくれます。

開店祝いへのスタンド花

好きな花や取り入れたい花がある場合には、事前に連絡をしておくことで、自分の理想に沿った花を贈ることができます。

多くのフラワーショップでは、その時の旬の花を取り入れる場合が多いため、どこの店でも旬の花を利用することが多く、同じ仕上がりになってしまいがちです。

多くのスタンド花が並ぶような用途、例えばコンサートやライブの公演祝い、有名店舗のオープン祝いなどの場合には、自分好みの花を入れてもらう事でその他に並ぶスタンド花と、同じような雰囲気とならないようにすることが可能です。

値段や大きさによっても、特徴を変えることはできますが、フラワーショップに色の希望やデザインなどの要望を取り入れて制作してもらうためには、当日では難しい場合が多いとされていますから、数日前から早めにオーダーをするようにしましょう。

>>最短で当日配達に対応のスタンド花

花を贈る際のポイント

花を贈る場合には自分の好みだけではなく相手の好みも取り入れる事が「喜ばれる祝花」を手配するときに大切なポイントです。

相手の状況や置き場所など、スタンド花を贈る場合にはしっかりと考えた上で贈るようにしましょう。
花は種類によって特徴が異なりますから、匂いや花粉、散り方などの特長を把握した上で、先方に合った物を選ぶことも大切です。

ホテルへのスタンド花

初めて注文するようなときは、どのようなものを注文して良いのかわかりませんね。
そのようなときは、スタンド花の実績が多い、手配に慣れている花屋を利用することが大切です。

おまかせタイプの花を注文することで、各シーンに合わせたスタンド花を用意してくれます。

御祝いとしてスタンド花を贈りたいと考えても、先方にとって迷惑となってしまっては意味がありませんから、相手の事も考えた上での発注を行いましょう。

予算を考える事も大切ですし、大きさを考える事も大切です。
お店のイメージも大切となりますから、値段やサイズを相談しながら要望を聞いてくれるようなフラワーショップを探すようにしましょう。
フラワーショップ選びによって、スタンド花のプレゼントが成功するか否かは変わってきます。

オーダーメイドのスタンド花

非常に細かく指定し過ぎてしまうと、フラワーショップ側がスタンド花を作る時に、仕入れにコストが掛かり、結果として質素な出来栄えとなってしまったり、花の指定が多い場合は注文時に断られてしまう事もあります。

デザインなどの仕上がりに希望がある場合は、あまり細かな指定は避け、値段を決めて、大まかなイメージを伝える程度にすることが、ボリュームが合って満足できるスタンド花を贈るためのポイントです。

舞台へのスタンド花

予算的にスタンド花を注文することが難しいと思ったときは、業界最安値の花屋を利用するのがおすすめです。

>>業界最安値で当日配達に対応のスタンド花